揺れるハート人気ブログランキングへ揺れるハート

2008年09月04日

コンフィデンス

「スティング」ほどの爽快感もなく、
「ユージュアル・サスペクツ」ほどの意外性も無し
冒頭のシーンで最後が読めてしまうのが残念
ジェームズ・フォーリーが監督なんだ・・・
せめてアンディ・ガルシアの1人勝ちにすりゃぁ良いのに
エドワード・バーンズが始めから切れ者詐欺師に全然見えない
「騙された!」爽快感は皆無
救いは銀行の副部長をハメる所でのレイチェル・ワイズの色気。
あれはヤバイ 人気ブログランキングへ
posted by qwetty at 13:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。