揺れるハート人気ブログランキングへ揺れるハート

2010年07月05日

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

img_79677_57876965_0.jpg
大物俳優を使っていない
人気でもなかったのに
クチコミで大穴ヒット
ゴールデングローブ賞作品賞(コメディ /ミュージカル部門)
とゲットしちゃった
ダグ→ジャスティン・バーサ
フィル→ブラッドリー・クーパー
ステュ→エド・ヘルムズ
アラン→ザック・ガリフィナーキス
バチェラーパーティーと呼ばれる結婚前夜祭をベガスで過ごす。
親友、花嫁の弟と共に一路べガスへgo
翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いがく〜(落胆した顔)
花婿になるはずのダグの姿は・・・モバQ
ハチャメチャ騒動がとにかく面白い。
ホテルの一番高級な部屋に泊まったのに、
翌朝目が覚めたら部屋はめちゃくちゃ爆弾
バスルームにはなぜかトラ、ダグが消えている。
二日酔いも酷すぎて
何が起こったのかわけわからーーーんふらふらexclamation&question
記憶を辿ってとにかく順序を調べる
あーーーあむかっ(怒り) とんでもないことやっちまった
シモネタが多すぎる眼鏡
けれど、この作品って、字幕で観たらわかんないんだろうな〜
ズバリ これは
行方不明になったダグを友達3人が一所懸命探す
ってーだけの話

だけど・・・ がははははは♪の
わーはははははははわーい(嬉しい顔)


posted by qwetty at 14:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

武士の一分

武士の一分
152182_detailImage1.jpg
監督 山田洋次
主人公の盲目の武士・三村新之丞 木村拓哉
新之丞の妻・加世 壇れい
敵役に坂東三津五郎
桃井かおりや笹野高史、大地康雄
緒形拳や小林念侍まだまだ沢山♪
お話は 
海坂藩、主人公の三村新之丞
毒見役で、毒に当たって失明。
夫の処遇をとりなしてもらおうとした妻・加世。
番頭の島田藤弥の罠にはまり、身体を弄ばれてしまう
盲目になってなお、三村は島田へ果し合いを挑む...
えーと・・・木村拓哉サンが主なワケですが
殺陣も良いかな。余計なもの取り去った感覚の演技
 出来れば コレを今後 上手になにかしらして頂きたい    
自宅の庭で木刀を振るったり
師匠の道場で稽古をつけてもらったり
「静と動」がシンクロしている感じも素敵だったな〜
それから 笹野高史サマ
ところどころに笑いどころ 笹野サマが良い
この映画は 笹野サマならではでしょう!!!
せこせこ悪人、キレ者、妖しい島田藤弥グッド(上向き矢印)三津五郎さん
緒形拳サマは1シーンだけど 、決めてますわ♪

ほんと、この映画は「日本のバリ渋俳優」
詰め合わせ
命をかけて守らなければならない名誉や面目
さ〜 どうでしたでしょうか

posted by qwetty at 12:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

flowersフラワーズ

文学的で美しい→あえて ちょーーーー綺麗な言い方にした
純和風、日本の風景をこれでもかと
風景に日本の美しい女優が入り込んだ。
竹内結子サンのは モロ
 そのまんま・・・

えーと
もうやだ〜(悲しい顔)ネタバレ 大沢は途中で死んでしまう


女の幸せって
子供を生んで育てる事なのよぉぉぉぉぉ
って言われてる感じで
イライラっともしたけどね
posted by qwetty at 21:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ボーダー

デ・ニーロとパチーノ
ノリノリの音楽に乗って射撃場で銃を撃ちまくるオープニング
本格バディアクション・・・
・・・
・・・
と思っちゃったらダメ
テンポよく進む話が退屈しない

ま〜バリシブおっさま2大競演
ってーので
良いんでないか?!?
posted by qwetty at 22:15 | 東京 🌁 | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

ベンジャミンバトン 

人生を逆回転すると精神的には
デヴィッド・フィンチャーとブラッド・ピットの仕掛けが見られ
ストーリーに集中
ベンジャミンとデイジー(ケイト・ブランシェット)の逆と順の
成長比較を軸とした人生。
皮肉にも40代で丁度普通のカップルになるという2人
普通で幸せな時は長く続かず・・・
ダンサーをしていたデイジー、彼の若さに嫉妬
自分が老けていくことに困惑。
ベンジャミンは、赤ん坊になるであろう自分の世話は堪らない。
子どもが生まれなければ一緒にいられる。
彼自身。父に捨てられた経験がある為、子を手放す事を思いつかない
ネタバレ 反転 ネタバレ
彼の歩む人生は数奇、生まれ方が数奇であるのだ
現代の老人ホームかグループホームのような場所の前に捨てられた彼
その施設で介護職として働く子供ができない体の女性に育てられる
「時」と、人と人を結びつける「普遍的な愛」

原作はフィッツジェラルド
posted by qwetty at 14:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

ポルターガイスト2

一応、ヘザー・オルーク扮する少女
何故ポルターガイストが襲うのかと言う謎解き(?)らしきものも
ビミョーーーにある
3作目に引き継がれなければ意味が無い
えーと
私的には
ネタバレ〜  反転 ネタバレ〜
内容よりも関係者が亡くなったってほうが
怖いんじゃないかと思うけど
posted by qwetty at 13:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルト

アニメーションとは動きの楽しさである
ディズニーアニメが示してくれたことがなにより嬉しい
ストーリーがイマイチだけど・・・
おクソガキ&ごかぞく連れムービーにゃ良さげな
DVDで、てきとーにガキが泣いたらみせて
「ほら、あれがボルトちゃんょ〜」みたくして頂きたい
ボルトの架空世界が、ちとクド過ぎ、引っ張り過ぎ

未見、吹き替え版
でも、あの声を 江角女史がやるって・・・
どーよ?!
posted by qwetty at 13:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルベール 帰郷

「ありえね〜だろ普通」の連荘っつーか
わけがわかんねーーーー
登場する女性たちはもう笑うしかないほど山のように問題を抱えて
それでも、明るくて、快楽的でなんか人生「ノリが楽しいから良いの〜」
ってのでチャン♪ちゃん♪みたいな
男は添え物なのよっっ♪自由にいきよっおーーー♪
みたいな・・・
ペネロペわけぇぇぇ。あれじゃケツ振られたら落ちる
アルモドバルですから〜
わけわかんなくていいんだろうな〜
びみょーーーにネタバレ
反転
あなた(ライムンダ)のパパ似ね

posted by qwetty at 13:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホロコースト アドルフ・ヒトラーの洗礼

クルト・ゲルシュタインという人物に心からの敬意を
(彼がいなければ、ホロコーストはユダヤ人のでっち上げたデマということにされていたか)
この作品で取り上げられているナチスと神の代理人たる宗教家(特にヴァチカン)の関係
深いわ・・・非常に考えるな
ホロコーストに関与していた「博士」をアルゼンチンに逃がすシーンで終わってるんだけど・・・
   非常に見応えのある映画
このウソくさ〜い酷い(というか)
味不明な邦題
ばかみてぇ・・・
考えてくれよぉぉぉ
posted by qwetty at 13:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポロック

1枚164億円という世界最高額で取引されるほどになったジャクソンポロックの作品
って観たいわ
本作ではポロックの情熱的で壮絶な人生を描いている
「青が強い」といったケチを付けられ、酔った勢いで自分の作品を変えようとするものの
その動きをフリーズする姿
あの妻がいなければあそこまで有名にはならなかったのか
要するに
栄光と挫折、アル中、狂気・・・うーん、いかにも“芸術家”なのね

エド・ハリスが好きだから
良いか〜

posted by qwetty at 13:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。