揺れるハート人気ブログランキングへ揺れるハート

2010年07月03日

マンマ・ミーア!

マンマ・ミーア!
cb4d4bbc.jpg

 舞台はギリシャの壮麗な島。
そこにあるホテルは何だか年季が入って
少しボロボロだけど丁寧に仕立てられた雰囲気を残す。
ホテルを経営するドナ(メリル・ストリープ)
娘ソフィ(アマンダ・セイフライド)の結婚式に臨むべく
ある3人のスペシャルゲストをこの島に招待。
かつてドナが愛した男達・サム(ピアース・ブロスナン)
ハリー(コリン・ファース)
ビル(ステラン・スカルスガルド)のうち
誰かがソフィの父親なのだ
彼らもまたABBAの楽曲に乗って
ドナ、ソフィと共に素性と感情を
ギリシャの青い空にブレイク迷う
ソフィの希望はヴァージンロードを
自分の父親と2人で歩むという乙女心の計画
ドナは「ふーん そんなのバカバカしーわ」と反発。
3人の男達をさっと帰そうとする
ソフィの父親に関する物語の結末は予想通りに。
と・・・展開は勿論アリ

人には永遠に「忘れられない」瞬間があるワケで
posted by qwetty at 20:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

ミスター&ミセス スミス

揺れるハートダグ・リーマン監督
ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー
ミスタ.jpg
監督が『ボーン・アイデンティティー』だもの
カチンコ端的に言うと
普通の夫婦が実は両方暗殺者で、お互いを標的に殺しあう
ワケで・・・

    スンマセン 語彙が無さ過ぎふらふら
結婚6年目の倦怠期夫婦。
凄腕の殺し屋。殺し合いの夫婦げんかがスタート!
アーーーラ大変
ダッシュ(走り出すさま)ネタバレ
  結局、夫婦喧嘩soonクリックドラッグendもドンドンパチパチ
 がっしゃがしゃーーーーーーん
とやるとブレイクしちゃって気分爽快なのね
 
posted by qwetty at 22:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

マイケル・ジャクソンキング・オブ・ポップの素顔

歌やダンス 一切なし。
マイケルのすぐ側で撮影の、この映画
いゃ〜〜〜なかなかどーして 見応えアリですな
手持ちカメラで撮影なので ブレが・・・
これも1つの「ムード作り」ト思えば効果もアリかと

どこに行っても人、人、人
目線はマイケル側、握手にサインにハグ・・・

車の上に登って あーららら?!?!
バースディパーティでケーキのクリームはペロ♪
ケーキ投げして顔にケーキのクリームが!!!!
あはははは〜 なーんだ  そーなんだーーー
可愛い子チェックして、胸の揺れ具合に盛りあがり
笑っちゃったりしてる姿
どんなに謙虚で恥ずかしがり屋な人か
どんなに人間を愛しているか

posted by qwetty at 10:11 | 東京 🌁 | Comment(1) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

コレは欠かせない
mjのコアなファンじゃないとは言いながら
私は 好きなのだ揺れるハートアーティストだもの
良くも悪くも「ゴシップネタ」の的耳
ダンスマスター
コレオグラフィー
10年のブランクを経て、いきなりロンドン50公演宣言
「I JUST CAN'T STOP LOVING YOU」
「BILLIE JEAN」

るんるんあぁ 彼はKING OF POPなのだ揺れるハート揺れるハート揺れるハートハートたち(複数ハート)
posted by qwetty at 15:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

燃ゆる時

うーとタダでした
観たのはチケットをゴソソソっと頂いたのでした
近くに用があって なんか持ってて観たんだよね

生産性を上げるのに価格競争に打ち勝てるには
質も量も大切だけど
質をとるかコストをとるか

プロジェクト×とか
ルビコンとか
同じくくりっちゅーのか?
ん〜 消化は不良だった
出ている俳優さんたちは良いのに
なかこーツボが来なくて
釈然としない展開でぱしっっ!と入らなかった
posted by qwetty at 15:32 | 東京 ☔ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

モリー先生との火曜日

ジャック・レモンが素晴らしい。
実話なので、それぞれの会話には説得力が
人生を豊かに生きてきたモリー先生の最後の授業。
"時間は流れる"ものだ
泣いてしまう


ジャック・レモンが、この数年後に無くなったと思うと
またまた涙が
posted by qwetty at 21:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モロッコ

モロッコへ向かう船に乗る舞台芸人たち。
片道だけの切符を手に流れて行く彼らを
船員たちは「自殺志願者」と呼ぶ。
酒場の歌手アミー・ジョリー
モロッコで金持ちで国際人の紳士ベシェールと
外人部隊の兵士でプレイボーイのトムと出会う。
男を信頼できないアミー
女を信用していないトムとの間に恋が芽生える
彼は副官夫人の愛人だったため・・・
ディートリッヒにはドロドロの三角関係は似合わない
んだけど・・・
アミーとトムが交わす2本指の挨拶
鏡に書いたルージュの伝言
真珠の散らばる音に砂漠に脱ぎ捨てたハイヒール

思いは交差して・・・
posted by qwetty at 21:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

モンキー・シャィン

「B級」の一言で片付けるのは惜しい
まあ、スリラー系の映画としては王道を行っているのではないかなと
ロメロファンのために、ゾンビではないのが・・・
そもそも猿と意識の同化ってありえない
posted by qwetty at 21:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンキー・ビジネス

ケイリー・グラントとジンジャー・ロジャースの壊れっぷりがとってもステキ。
40過ぎてあんな演技 ステキ。
まだ新人だったマリリン・モンロー
弾けんばかりの魅力でとーってもかわいい。
…全体的になんだか平和でゆるーい感じだけど
posted by qwetty at 21:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンキーボーン


ティム・バートンと離れたヘンリー・セリック。いきなり下ネタ解禁
クライマックス、クリス・カターンの登場で一気に笑いがヒート・アップ。
臓器摘出中の死体が逃げ出し、臓器を撒き散らしながらモンキーボーンと戦い
それを医師団が必死で追いかけるという一連のシーン
大いに笑った
このクライマックスだけはティム・バートンを超えたかも
後半に「走る死体」を演じて笑わせてくれたブレンダン・フライザー
posted by qwetty at 21:21 | 東京 ☁ | Comment(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。